アロマセラピストについて

画像

アロマテラピーは木や花といった植物に由来している芳香成分を用いて心身の健康や美容を増進することが出来るリラクゼーション方法です。専用のセラピストが、お幸やフレグランス・キャンドルを含めて、生活に自然な香りを取り入れてストレスを軽減したり、リラックス効果をもたらすように調整することもあります。
アロマテラピーと言う言葉は、20世紀に入ってから、フランスの科学者でもあるルネ・モーリス・ガットフォセによって作られた造語です。アロマは芳香を意味し、テラピーは療法を意味するフランス語となっています。これららを英語で発音するとアロマセラピーとなります。
芳香植物については、非常に古くから利用されてきましたが、アロマセラピーそのものが提唱されたのは20世紀に入ってからです。

アロマテラピーの仕組み

アロマセラピーの主役でもある精油が心身に働きかけるための経路は2つあります。一つは、嗅覚による刺激です。そしてもう1つは粘膜や皮膚を通じて血流に乗って体内に入るという経路となります。ここで気をつけておきたいのが、精油というのは元来、数十から数百程度の揮発性有機物の混合物となっているために、経口毒性があるなど、それらの成分がそれぞれどのような影響があるのかをしっかりと知った上で調整しなくてはならないということです。そのため、アロマセラピーではセラピストの知識などもとても重要となります。
精油の具体的な作用としては、ローズマリーの血行促進作用や、ラベンダーの止血作用、ティートリーの抗菌作用や、フランキンセンスの免疫機能の強化作用、ジュニパーの利尿作用などがあります。

日本のアロマテラピー

精油の蒸留法については、江戸自体に日本にオランダから伝わり、明治時代には日本ハッカなどの精油を海外へと輸出していた時期もありました。しかし、合成香料や海外の廉価版の普及にともなって徐々に廃れていったのでした。 1970年代には、小学生を中心としてポプリが大流行し、ドライハーブへの関心が高まりました。アロマセラピーというものが日本に紹介されたのは1980年代に入ってからで、はじめはジャン・バルネなどの英仏の専門書が翻訳され、後に海外で技術を学んだ専門家が日本国内で実践を始めたのでした。1990年代に入ると、エステブームに乗って広がったこともあり、日本に伝わったアロマセラピーの方法はイギリスのものに近い傾向がありましたが、近年では、日本独自の科学的アプローチによって医療関係者の間でも注目を集めています。

TOPへ戻る