リンパマッサージについて

画像

リンパマッサージはリラクゼーション効果をもたらすマッサージの一種です。リンパは臓器、筋肉などの外部からの刺激によって、リンパ管内にある弁が開閉し、末端から一方向にリンパ液が流れているために、その流れをスムーズにしてあげることによって、効果をもたらします。筋肉を動かしたり、外部から何らかの刺激を加えてあげることによってリンパの流れは良くなります。リンパの流れを良好にする方法として、リンパマッサージはとても有効な手段となっているのです。
細胞間に流れている血液の成分の一部が、水分となり、不要となった脂肪やタンパク質などの老廃物とともにリンパ液となるために、流れが悪くなることによって余分な水分や老廃物が細胞間にたまってしまい、むくみという現象として身体の表面に現れてきます。

リンパの働きを知ろう

リンパは本来、静脈に取り込まれずに溢れてしまった老廃物を、静脈に代わって運搬するという働きを持っています。そして、老廃物を綺麗にしながら再び静脈に戻してあげるという仕事をしています。
また、リンパは最近から身体を守るという免疫機能の働きも持っており、リンパ節がフィルターとなり、老廃物や最近をカバーし、風邪や病気にならないように身体を守ってくれているのです。リンパの流れが悪いと身体にも悪影響をもたらすために、シンパマッサージなどを行ってこまめにリンパの流れを良くすることが大切です。
リンパマッサージはリンパの流れに沿って、心臓から遠い末端部へとリンパが流れるように優しくマッサージを行います。お風呂あがりの血行が良いときに利用することが効果的です。

リンパが滞ってしまう原因

リンパが滞ってしまうと、リンパ管を通れない体液が細胞の隙間にたまってしまい、体内に余分な水分が残ってしまうためにむくみとして身体に現れてきます。また、リンパが滞ることによって、体内に最近や老廃物などの毒素が溜まってしまうので風邪になりやすくなったり、お肌のトラブルを招く結果となります。老廃物には疲労物質も含まれているため、だるさや肩こり、首のこりなどの原因となることもあるのです。
リンパが滞る原因は様々なものがあります。運動不足はリンパ管に圧力がかからずに流れが悪くなってしまうことで、冷え性や低体温によって血液循環が悪くなり、リンパが滞ることもありますし、ストレスによって筋肉の緊張を引き起こしてリンパが滞ることもあります。

TOPへ戻る