リフレクソロジーについて

画像

リラクゼーションの一つであるリフレクソロジー(Reflexology)とは、反射療法とも呼ばれています。基本としては足の裏の特定の部位を押すことで身体の特定の部位に変化が起こるという生理現象を活用して疲労の改善を促す療法となります。名称の由来はReflex(反射)と、OLOGY(論や学などを表す名詞を作るための接尾語)を合わせた造語です。利用者としては日常的な会話の中で「リフレ」と呼ばれることがあり、リフレマッサージの名称でサービス展開している店舗も存在しています。リフレクソロジーの普及初期の頃には「足裏マッサージ」とも呼ばれていました。リフレクソロジーを行う人はリフレクソロジスト(Reflexologist)と呼ばれています。

アメリカで発祥した治療方法

リフレクソロジーはアメリカ発祥の治療方法です。アメリカ人の医師であるウィリアム・フィッツジェラルド氏が手術中の患者がベッドに手足を押し付けている行為を観察し、これを専門的な医学的な見地で研究を行ったところ、それらの行為には痛みを和らげるという効果があることが判明し、ゾーン・セラピーという名前の本を発表したのが始まりです。その後、アメリカの理学療法士であるユーニス・イングハムはゾーン・セラピーを発展させて、足の特定の部位が身体の各部位に影響を及ぼすことがあるということを発見し、フットチャートと呼ばれる足裏の地図を作成しました。フットチャートは足裏反射区図とも呼ばれており、面として足を捉えていることに特徴があります。

日本におけるリフレクソロジー

日本では、英国式と台湾式という2種類のリフレクソロジーが有名です。もともとはアメリカの発祥なのですが、英国式と台湾式が有名となりました。中国式では、台湾式に中国の伝統医学を組み込んだものであることが多く、様々なフットマッサージのお店で体験することが出来ます。
整体師が教えているリフレクソロジー関連の学校では西洋式と台湾式の2つの種類がメジャーです。若干異なるタイプの手技を並行的に教えているスクールもあります。また、厳格に、イギリスのルネ・ターナーの手法のみを教えているところもあり、スクールによって方針はバラバラです。リフレクソロジーは人体のもつ共通の性質を上手に利用しているため、イギリス、西洋、台湾を問わずフットチャートはほぼ一致しています。

TOPへ戻る