整体について

画像

リラクゼーションの一つである整体とは、脊髄や骨盤、肩甲骨、四肢などの体全体の骨格や関節の歪み・ズレの矯正を行ったり、骨格筋の調整を手足を利用した手技と補助道具で行うことを指します。医療の観点から見ると、補完代替医療の一種であり、法制度から見ると医療類似行為の一種とみなされています。光線医療や温熱療法など周辺技術を含めて、以前より療術の一つとされてきました。
整体師の資格は民間資格となるため、看護士のような国家資格は必要なく、だれでも名乗ることが可能です。現在の整体は多様な種類があり、日本武術の柔術や骨法などの流派を重んじる手技療法や、伝統中国医学の手技療法を重視する整体、オステオパシーやカイロプラクティックなどの欧米伝来の手技療法を中心とする整体などが日本には存在しています。

日本での整体の歴史

日本での整体は、柔術などの武術の中で利用されている活法や骨法として受け継がれてきている手技療法中国医学の伝統を引き継ぐ手技療法、大正時代より日本に伝わったオステオパシーやカイロプラクティックなどの欧米の手技療法などを組み合わさった独自のものとなっています。整体創立初期には整体のことを「正体」・「正體」・「正胎」・「整胎術」 といった名称で呼んでいました。これらの自己改善療法はのちに整体と呼ばれるようになりました。始めて整体と名づけたのが野口晴哉氏で、現在では野口氏の整体のことを「野口整体」と呼んでいます。整体は各営利団体によって更に変貌を遂げており、独自の思想や理論、手法が編み出され、現在では一つの統一した手技療法は存在していません。

整体の医学的な効果

2012年に国際的な学術雑誌にて、整体療術や鍼治療、マッサージの効果がそれぞれどのように異なるのかを比較するランダム化比較試験の論文が掲載されて話題となりました。一般社会法人日本鍼灸療術医学会より発表されたその論文では、整体療術としては初めて、国際的な学術雑誌に取り上げられ、整体療術にも客観的な医学的な効果があることが確認されました。また、整体療術は他の鍼治療やマッサージ治療と比較をすると、有意に筋緊張とVisual Analogue Scaleなどの低下が確認されました。
整体師の施術は、国家資格となるマッサージや柔道整復、あん摩、指圧とは異なり、末端が対象ではなく、中枢を対象にしている施術となっていることが特徴です。

TOPへ戻る