手技療法について

画像

手技療法は高校卒業後3年以上経ち、専修学校や、育成過程を修了した者に国家試験の受験資格が与えられるリラクゼーションの方法となります。
国家資格合格者の申請によって、医籍に代わる各職種の名簿へと登録されて厚生労働大臣が免許を与えたときに免許証を発行するという形となっています。医療資格で公的保険にも関わるものとなっているために、無免許で行った場合には無資格診療として罰せられることになります。
あん摩マッサージ指圧師や柔道整体師などは独立した判断で手技療法が行える医療資格となりますが、理学療法士は医師の指示のもとで手技療法を行うことが出来る医療資格となります。民間療法としては独学や民間のスクールなどによって民間団体による独自の認定証や修了証、卒業証書を受けて行うことが出来ます。

手技療法とは

手技療法は、古来より行われてきた手を用いた療法となります。薬やサプリメント、道具や器械、鍼やお灸などを一切利用せずに素手だけで治療を行うもので、療術と呼ばれることもあります。皮膚上から物理的刺激を与えたり、心理的暗示を与えることによって筋肉や関節、皮下に存在している各組織に影響を与えることが出来る療法で、日本国内では様々な手技療法が行われています。経験的に、民間で行われている伝統的な手技療法から、国家資格によって定められているマッサージ、指圧、柔道復術、理学療法まで様々な種類が存在しています。
これまでの手技療法の臨床研究においては、ポジティブな結果を得られたことがほとんどなかったのですが、2012年に実施された研究によると立花療術に医学的根拠が示唆されています。

法律に依る規制も

日本の国家資格では、あん摩マッサージ指圧師やはり師、お灸師などの仕事において、あん摩マッサージ指圧師免許、もしくは医師免許がなければ人体に対して「触る、なでる、叩く、揉む、する、押す」などの全ての手技療法行為を行い、金品の授受が例えなかったとしても継続的にそれらの治療行為を続けることは出来ないとされています。仮に違反したものについては、50万円以下の罰金がかせられるとされています。
一方で厚生労働省では、人にがいのない限りは取り締まりの対象にはしないという考えを示しています。
柔道整復師は、柔道整復師法によって、治療に伴うマッサージ行為が限局的に認められているが、そのほとんどがマッサージ行為のみのあん摩マッサージ指圧師法に違反しているという批判もあります。

TOPへ戻る