心と身体をほぐす

画像

リラクゼーション関連の講座を選択するときに、特にオススメなのがNLPという心理学の講座も同時に学ぶことが出来る講座です。
NLP(Neuro-Linguistic Programming)というのはもともとがアメリカで発祥した心理学の一つで、1970年代にカルフォルニア大学に在籍していたリチャード・バングラーとジョン・グリンダーが研究を開始した心理学です。当時、ベトナム戦争の帰還兵が、戦争の影響でメンタル的な障害を患ってしまうことが大きな社会問題となっていたのですが、NLPは人の心を癒やしたり、コミュニケーションを円滑にする力があるために、それらの帰還兵に対して心のケアをする目的で利用されていたのがはじまりとなります。NLPによって心をほぐすことが出来るのです。

周囲の人間関係を円滑に

NLPでは様々な手法を学ぶことが出来ます。アンカリングという手法を用いることによって、自分自身の精神状態を常に最高の状態に持っていくためのきっかけを自己暗示的に作り出すことが出来ます。そのため、精神的に落ち込んでしまっているときなどにアンカリングを上手に活用することによって過度なストレスから自らを解放することが出来るようになるのです。
また、リフレーミングという手法を用いることによって、物事の捉え方や考え方を自在に変えていくこともできます。それまでネガティブに捉えていた事象をポジティブな印象へと劇的に変えることによってストレスを感じなくなる効果もあります。
NLPは自分自身の変化だけでなく、他人とのコミュニケーションを非常に円滑にする効果ももたらします。

NLPの学習期間

NLPの学習期間については、スクールによっても異なりますが、3ヵ月、7カ月、12カ月のカリキュラムから選択可能となっているスクールもあります。
NLPは現在までに、セラピストがカウンセリングの一貫として利用している以外にも、ビジネスの世界ではセールスやマネジメントなどの分野でも応用されています。
また、スポーツの分野でもNLPは幅広く応用されており、スポーツ選手自身が自らのイメージコントロールをするために、NLPによって良い精神状態をキープする訓練を行っていたり、スポーツトレーナーが選手の最高の精神状態を作り出すためにNLPを利用していることも増えてきています。
NLPはまた、家族や恋人、友人関係を良好にするためにも非常に有効です。

TOPへ戻る